KEN Artificial Intelligence

KEN QA

KENQAはKEN AIプラットフォームから派生しており、製造プロセスの整合性を維持するためにアプリを使用してAIモデル展開、トレーニング、注釈付けできる、あらゆるアプリケーション向けの使いやすいデプロイ可能なツールです。

  • AIはKENTMと呼ばれ、それは既存のインフラストラクチャの先頭です。事故を正確に、失効することなく撮影します。
  • ビジョン処理は、画像を評価して必要なデータを抽出し、重要な検査を実行し、最終的に決定するアルゴリズムを利用します。
  • 最終的には、会話は通常、個別のI / Oサイン、または統計をログに記録するツールまたは次のアクションに使用されるツールへのシリアル接続を介してディスパッチされるデータの両方を介して行われます。

主な特徴

KEN QAは、製造工場の組立ラインに展開できる自動化された品質コンプライアンスツールです。 このツールは、目に見える品質の問題を検査するに必要な時間と労力を削減することを目的としています。

主な特徴ソリューションは以下の通りです。

  • どこにも既製購入出来るのあらゆるタイプのカメラでばやくに展開するの事。
  • 超音波及びX線などの任意の他の視覚ツールに使用する事が出来ます。
  • お客様は、指示に従ってAIを仕込むする事が出来ます。
  • シームレスな展開。
  • カスタムUIは必要に応じて開発する事が出来ます。
  • 既存のシステムと簡単に統合できます。

技術

  • KEN AI プラットフォームは、使い慣れたフレームワーク全体でディープラーニングを使用するプロセスを簡素化し、迅速に行います。
  • 進歩のAutoML特徴のおかげで、カスタムデータセットのディープラーニングモデルを自動的に設計出来ます。
  • 数秒で、パフォーマンスの良いモデルを起動して実行出来ます。